田舎者がロシアと国際情勢をあれこれ考えるブログ

~おそろしあの胡散臭い世界にメスを入れる~

ロシアニュース:ゴルバチョフ、米ロの新冷戦に警告

旧ソビエト連邦のゴルバチョフ元大統領は米国のニュースサイトCNNの取材に応じ、米ロが冷戦状態に再突入しないよう呼び掛けるとともに、最悪の場合、人類全体の文明が破壊されるだろうと懸念を表明ししました。政治紙Ramblerが伝えています。

 

f:id:Worldaffairs:20191202093056p:plain

画像はRamblerより

同氏は特に、二大軍事大国が一連の軍備管理を拒否する現在の傾向が維持されれば、あらゆる最悪のシナリオが想定されることを強調、米ロが再び冷戦に突入すれば、直ちに「熱戦」のステージに移行すると警告しました。

 

2019年8月に米トランプ政権は米ソが87年に締結した中距離核戦力全廃条約からの脱退を宣言しました。

 

米国は脱退理由の一つを「ロシアが条約に違反して中距離ミサイルの廃棄を拒否している」からだとしています。ですが、ロシア政府は、米国が違反を指摘するミサイルの仕様が条約が認める範囲に収まっていると主張、米国が「一方的に条約を破棄した」と非難しています。

 

さらに”番組360”によると、ロシア外務省には、米国が条約から脱退した後は世界中に同国のミサイルが張り巡らされるとの危機感があります。