田舎者がロシアと国際情勢をあれこれ考えるブログ

~おそろしあの胡散臭い世界にメスを入れる~

ロシア語会話:Я はやたらと多く使わない。実際の会話は教科書通りではありません。

こんにちは。

 

文法を勉強していたり、ある程度習得した後にロシア語の映画やドラマを見たりしていると、まったく聞き取れない、単語がわからない、などと混乱する経験はないでしょうか?

 

それもそのはず、ロシア語は日本語と同様、文章で書かれる言葉と口語が全く違うからです。私たちは最初に外国語を勉強するとき、まずは参考書などの例文を見ながら、構文を理解していきます。

 

f:id:Worldaffairs:20200706223624p:plain

ところが、その例文はあくまでも文法を理解しやすいようにわざと作られた例文であり、きちんと主語と述語が整っている文であることが多いです(もちろん、口語的な表現も少なからず中にはあります)。

 

現実のネイティブ同士の会話では、まず、я とか ты とかはほとんど省略されるし、場合によっては動詞さえも省略されてしまいます。

 

例) Стремянку бы.  はしごさえあればなあ。

 

私は昔はよく教科書や辞書に記載されている例文をそのまま暗記し、ネイティブの前で必要に応じて発言していましたが、聞き手からしてみたら、おそらく相当堅苦しい表現に聞こえていたでしょう。

 

上述の通り、学習者用の例文は主語と述語がわざとらしくきちんとそろっており、会話では前に出てきた情報などを含む単語などはどんどん省略されていくからです。

 

紙面上に書かれたロシア語と会話のロシア語の乖離は単語レベルでも顕著です。よく単語を沢山覚える英単語マニアみたいな人がいますが、難しい単語を自分が使ったところで相手に非常に不自然な印象を与えることが多いです。

 

一般的に、語学学習者は勉強を積み重ねていくうちに、新しく覚える単語や句が口語的なのか、堅い言葉なのか、どういったシチュエーションで使われるのかということも段々と分かっていかなければなりません。

 

なぜなら、高レベルな単語や詩的な表現はそれぞれ、元来難しい文章や詩などで使われる単語であり、会話では使用されることが避けられやすいからです。こういったことを考慮せず、見境なくあれもこれもと会話で使ってしまうと、私のようにいつかネイティブに「あなたは文章のレベルと単語のレベルが合致していない」と言われてしまいます。

 

①学術的な文章 ➁メール ➂会話 この順番に、簡単かつ日常的な単語が使われやすくなっていきます。また会話では、который や副動詞、形動詞は使われない場合が多く、一つひとつの文が短くなっていきます。

 

もちろん、初心者の頃は基本的な文法をしっかりと固め、きちんと整理された例文を沢山見ることが大切です。

 

ですが、上級者に近づいていくにつれ、ドラマや映画などで使われている口語的な表現も多く覚えていくことが求められていきます。

 

以上です。

 

※現在、ロシア語の受講生様を追加募集しております。

詳しくは 

worldaffairs.hateblo.jp

 

 

ロシア語の前置詞「~から」はотなのかсなのか、それとも изなのか。違いを徹底解説

こんにちは、中島です。
 
シリーズものとして引き続き、今回は「~から」、「~まで」の表現方法の語法に関する問題を作りました。
 
 
【問題NO.5:問題編】
次の各文の(     )内にはいずれも、「~から」を意味するある前置詞が入る。その前置詞を問題下の【前置詞群】からそれぞれ選べ。
 
(レベル:ロシア語能力検定試験2級~3級程度。解答・解説編は下の方にあります。)
 
 
1) Переложи икру (      ) банки в тарелку. イクラを缶から皿に移しなさい。
 
2) Она вышла (      ) станции на улицу. 彼女は駅から通りへ出た。
 
3) Ручка случайно упала (      ) стола на пол. ペンは偶然、机の上から床に落ちた。
 
4) Мы ехали (      ) вокзала в гостиницу на такси.
我々はタクシーで駅からホテルへ向かっていた。
 
5) Вчера Якин вернулся (      ) Москвы на родину.
昨日、ヤキンはモスクワから祖国へ帰った。
 
6) (      ) станции до центра города было семь километров.
駅からまちの中心部までは7 kmあった。
 
7) Мой муж ушёл (      ) меня к другой женщине. 私の夫は他の女のところへ去ってしまった。 
 
【前置詞群】
от  / из  / с    
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【問題NO.5:解答・解説編】
<<要点>>
前置詞 из, с, от はいずれも後続の単語を生格にし、「~から」という場所の起点を表す前置詞です。
ただし、それぞれが持つニュアンスは異なっており、おおよそ以下に説明する5つの内容に大別することができます。
移動の動詞やそれに類似する動詞とともに用い、「~から~まで」「~から~へ」という動作の出発地点から到着地点までを表す文で用いられる前置詞について解説していきます。
 
 
①【内部から内部への移動の場合は、из+生格... в+対格】
 
建物などの内部から別の場所の内部へ移動する場合は、из+生格... в+対格 が使われます。
 
・из+生格 は「~の中から」
в+対格 は「~の中へ」を意味するからです。
 
1) Переложи икру ( из ) банки в тарелку. イクラを缶から皿に移しなさい。
 
他例) по дороге из школы в музей 学校から博物館に向かう途中で
 
(※ただし、内部から外部への移動の場合は、из+生格... на+対格 が使われます。
2) Она вышла (  из  ) станции на улицу. 彼女は駅から通りへ出た。
・на+対格は「~の表面へ」を意味するからです。
 
 
 
➁【表面上から表面上の移動の場合は、с+生格... на+対格】
 
物の表面上から表面上へ移動する場合は、с+生格... на+対格が使われます。
 
・с+生格は「~の表面から」
・на+対格は「~の表面へ」を意味するからです。
 
3) Ручка случайно упала ( со ) стола на пол.
ペンは偶然、机の上から床に落ちた。
 
他例)  Воры спустились с крыши на балкон.
泥棒らは屋根からバルコニーに降りた。
 
 
 
➂【元来、前置詞 на と結びつきやすい名詞であれば、逆に”~から”は c + 生格、
  元来、前置詞 в と結びつきやすい名詞であれば、逆に”~から”は из+生格】
 
4) Мы ехали ( с ) вокзала в гостиницу на такси.
我々はタクシーで駅からホテルへ向かっていた。
(※вокзал は前置詞 на と結びつくことから、逆に”駅から”は с вокзалаとなる。)
 
5) Вчера Якин вернулся из Москвы на родину. 昨日、ヤキンはモスクワから祖国へ帰った。
 
他例) из Москвы в Петербург モスクワからペテルブルグまで
(Москваは前置詞 в と結びつくことから、逆に"モスクワから"は из Москвы となる。)
 
他例) Спасатели эвакуировали детей с острова на берег.
救助隊は子供たちを島から岸に避難させた。
(※островは前置詞 на と結びつくところから、逆に”島から”は с острова となる。)
 
 
 
 
④【ある地点からある地点までは、от+生格... до+生格】
 
「от+生格... до+生格」 のセットの形は、それぞれの場所を点として捉えるため、
必然的に所要時間や距離をメインとする文が多くなります。
 
6) ( От ) станции до центра города было семь километров.
駅からまちの中心部までは7 kmあった。
 
他例) стоимость проезда от Москвы до Петербурга.
モスクワからペテルブルグまでの運賃
 
他例) Мы шли от станции до аэропорта пешком.
我々は駅から空港まで(は)歩いて向かっていた。
 
 
 
⑤【人(がいるところ)から人(がいるところ)までは、от + 生格...к + 与格】
 
от+生格も、к+対格も、ある場所の内部でも表面でもなく、その場所の近くそばであることを意味しています。
・от+生格:~のそばから
・к+与格:~のそばへ
 
人のもとへ行ったり来たりするのは、その人の体の中に出入りするわけではないので、
ふつうは上記のような前置詞を用います。
 
7) Мой муж ушёл ( от ) меня к другой женщине. 私の夫は他の女のところへ去ってしまった。 
8) Катя приехала от бабушки из деревни. カーチャは田舎のおばあさんのところからやってきた。
 
本日はここまでです。
ありがとうございました!
 
 

※現在、ロシア語の受講生様を追加募集しております。

詳しくは 

worldaffairs.hateblo.jp

 

をお読みくださいm(__)m

 

ロシア語は結局、何から勉強を始めればよいのか。よくいただく質問です。

こんにちは。

 

ロシア語の受講を希望して来られる方の多くが、「一度独学で勉強してみた」「ネイティブから習ったことがあるが、結局続かなかった」という経験をお持ちです。

 

f:id:Worldaffairs:20200626211921p:plain

ロシア語能力検定試験3級に合格された方々も数人いらっしゃいますが、3級レベルの資格を持っていても、基本的な文法事項を理解していない基本的な和文露訳ができないアクセントやイントネーションが間違っている、ということも決して珍しくはありません。

 

基本的な文法を理解することが何よりも大切です。もちろん、特殊な文字であるロシア語であれば、最低限として学習すべきことは、キリル文字とその発音の仕方です。その後に習うべきものは、単語でも読解でも和文露訳練習でもありません、やはり、文法書を最後まで仕上げることです。

 

なぜなら、文法なくして、読解やリスニングは成り立たないからです。むろん、挨拶レベルの会話や初級ダイアログであれば、文法が中途半端な理解のままであっても、”なんとなく”理解できてしまうかもしれません。

 

ですが、学習が進むにつれて、会話、読解、リスニング、作文、いずれにおいてもより複雑かつ抽象的なレベルに上がっていかなければなりません。文章が複雑になるということは、文法事項もそれだけ複雑になっていく、ということです

 

ロシア語のネイティブが本場で読んでいる物(要するに、日本人用にわざと易しく作られた参考書の文ではないもの)を覗いてみると、いかに形動詞や副動詞などが当たり前のように多用されているのがわかります。

 

では、「単語はないがしろにしていいのか?」という疑問が出てきそうです。この辺に関して言えば、まったく心配は不要です。なぜなら、文法書に沿って学習していくうちに、基本的な単語は徐々に自分の中に落とし込まれていくからです。

 

好ましくないのはこの逆のパターンです。単語帳でいくら新しい単語を知っていても、文法が曖昧なままではいつまでたっても運用できません。なぜなら、ほとんどの単語は文章の文脈の中で活かされるものであり、文法・語法を理解して初めて、あなたのものになるからです。

 

私の受講生様の中には3級取得者が数名いらっしゃいますが、中には基本的な文法学習が地に根付いていないあまり、簡単な日本語の文章がロシア語に訳せない読解の誤訳がかなり多い、などの問題を抱えているケースもあります。

 

ですので、学習段階の順番としては、

①文法

➁単語

➂会話や読解

というのが私のおすすめの勉強方法です。

 

※現在、ロシア語の受講生様を追加募集しております。

詳しくは 

worldaffairs.hateblo.jp

 

をお読みくださいm(__)m

 

 

 

ロシア語練習問題 関係詞のкогда, где, куда, откуда 超解説

こんにちは、中島です。
 
「ロシア語問題」シリーズです。
今回もどうぞ、よろしくお願いいたします。
 
【問題NO.4:問題編】
次の各(    )内にはいずれも、関係副詞の где, куда, откуда, когда のいずれかが入る。
それぞれ、もっとも適切な言葉を入れなさい。(レベル:ロシア語能力検定試験3級程度)
 
1) Тем утром, (     ) он умер, мы позвонили врачу.
2) В комнате, (     ) мы вошли, было тепло.
3) В комнате, (     ) мы вышли, было тепло. 
4) Там хорошо, (     ) нас нет.
5) Политик был арестован в аэропорту, (     ) он собирался вылететь в США.
(※解答・解説は下の方にあります) 
 

f:id:Worldaffairs:20200529212006p:plain


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【問題NO.4:解答・解説編】
 
<<要点>>
関係副詞は関係詞の中の一つで、
●時を表す関係副詞  когда(いつ) 
●場所を表す関係副詞 где(どこで), куда(どこへ), откуда(どこから) 
に分けられます。
 
他の関係詞である который や кто, что とは違って格変化させる必要がないことが特徴です。
関係副詞に格変化が不必要なのは、副詞に由来した単語だからです。
 
 
 
では、1) から見ていきます。  
1) Тем утром, ( когда ) он умер, мы позвонили врачу. 彼が死んだその朝、我々は医者に電話した。
 
утро という時を表す単語があるので、1)は когда であることがわかります。
тем утром というのは то утро (その日の朝)の造格変化で、「その日の朝に」という意味です。
*******************************************************************
 
 
2) В комнате, ( куда ) мы вошли, было тепло. 我々が入った部屋は暖かかった。
 
комната という場所を表す単語があるので、関係副詞の где, куда, откуда の中のいずれかであることがわかります。
ここで、войти は移動の動詞に由来する動詞です。
この動詞に後続する言葉は例えば、”в + 対格”など、方向性を示す単語でなければなりません。
где は”どこに(で)”というように、方向性を示さない関係副詞ですので、答えは 方向性を示す関係副詞の куда です。
 
Где? (どこで) - в комнате (部屋で) ・・・・・方向性なし
Куда? (どこへ)- в комнату (部屋へ)  ・・・・・方向性あり
Откуда? (どこから) - из комнаты (部屋から) ・・・・・方向性あり
*******************************************************************
 
 
3) В комнате, ( откуда ) мы вышли, было тепло.  我々が出て行った部屋は暖かかった。
 
выйти は移動の動詞に由来する動詞です。
この動詞に後続する言葉は例えば、”из + 生格”など、方向性を示す単語でなければなりません。
выйти はふつう、「~から出ていく」という意味ですので、もっとも適切なのは откуда です。
*******************************************************************
 
 
4) Там хорошо, ( где ) нас нет. 我々のいないところは素晴らしい。 (諺:隣の芝生は青い)
 
там(あそこ) は方向性を示さない場所を表す単語です。従って、正解は где です。
*******************************************************************
 
 
5) Политик был арестован в аэропорту, ( откуда ) он собирался вылететь в США.
その政治家は米国へ飛ぼうとしていた空港で逮捕された。
 
вылететь は移動の動詞に由来する完了体動詞です。
вы- という"出る・出す”の意味を持つ接頭辞と лететь という移動の動詞が結合した単語で、「飛び出す」「飛び去る」という意味です。
不完了体は вылетать です。後続に「в + 対格」の単語が来ると、「~へ飛び去る」という意味になります。
”米国(США)へ飛び去る” ので、文脈的に空港 ”から” 飛び去ると判断することが自然となります。 
文中の арестован は、動詞 арестовать の被動形動詞過去男性単数短語尾です。 
 
以上です。
ありがとうございました。
 

※現在、ロシア語の受講生様を追加募集中です。 

詳しくは 

worldaffairs.hateblo.jp

 をお読みくださいm(__)m

 

ロシア語動詞 стать の4つの語法。述語副詞の解説 ~ロシア語練習問題~

こんにちは、中島です。
 
前回に引き続き、今回は動詞 стать (~になる/~し始める)の語法に関する問題をご用意しました。英語のbecomeが最重要単語の1つであるのと同じく、стать も超頻出単語です。
 
 
【問題NO.3:問題編】
次の各(    )内にはいずれも、стать(完了体) / становиться(不完了体) が入る。
いずれかの動詞を文脈に沿うように変化させて答えなさい。(レベル:ロシア語能力検定試験3級程度)
 
1) Он хочет (      ) футболистом. 彼は将来サッカー選手になりたいと思っている。
2) Она недавно (       ) курить. 彼女は最近たばこを吸うようになった。
3) (     ) известно, что коронавирус может передаваться через деньги.  コロナウイルスはお金を介して感染する可能性があることがわかった。
4) Мне (       ) весело. 私は愉快な気分になった。
5) Маша (      ) весёлой и активной. マーシャは快活で積極的になった。
6) У нас (       ) жарко.  私たちのところでは暑くなってきています。
7) С каждым днём ситуация (     ) хуже. 日を追うごとに状況は悪化している。 
 

f:id:Worldaffairs:20200525192653p:plain

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【問題NO.3:解答・解説編】
<<要点>>
完了体動詞 стать には「~になる」や「~し始める」という意味があり、ペアとなる不完了体動詞は становиться です。
不完了体のニュアンスとしては、原則として「~になりつつある」という動作の過程を暗示しています。 
この動詞は以下の4つ(①~④)の語法パターンがあります。問題文の解答を含めながら、解説していきます。
 
① стать + 造格:(造)になる。
 
造格部分には形容詞や名詞が入ります。
例) Она стала красивой женщиной. 彼女は美しい女性になった。
例) Она стала красивой. 彼女は美しくなった。(красивая の造格変化)
 
問題文の中で、①のパターンに当てはまるのは 1)、5) です。
1) Он хочет ( стать ) футболистом. 彼は将来サッカー選手になりたいと思っている。
5) Маша ( стала ) весёлой и активной. マーシャは快活で積極的になった。
 
 
② стать + 不完了体動詞の原形:~し始める。
 
動詞の原形を後続させることで、「~し始める」という動作の開始を表します。
動作が継続されることが予想されるため、動詞は不完了体となります。  
 
問題文の中で、②のパターンに当てはまるのは 2) です。
2) Она недавно ( стала ) курить. 彼女は最近たばこを吸うようになった。
 
 
③ стать + (述語)副詞:(副)になる。
 
ふつう、副詞は動詞や形容詞などをあくまでも飾り立てるための品詞です。
例えば、хорошо (上手に)、очень (とても)などです。
ところが、形は副詞ですが、その文章のメイン(述語)となるような品詞があり、これを述語副詞といいます。
 
【述語副詞の例】
◆ Там жарко. あそこは暑い。
◆ Трудно ходить без помощи. 援助なしでの歩行は困難だ。
 
さて、述語副詞には「主格の主語が存在しない」という重要な規則があります。
仮に主語(動作主)が存在する場合でも、与格になります。
上の2つの例文に主語(私)をつけてみます。
 
◆ Мне там жарко. 私にとってあそこは暑い。
◆ Мне трудно ходить без помощи. 私は援助なしでの歩行は困難だ。
 
このようになります。
「暑い」のも「難しい」のも、”私”自身の性質を表しているわけではないので、
少なくとも主格にはならないという理屈は通ります。
 
動詞の大原則として、「動詞は主格の主語の性・数に応じて変化」します。
ですが、上記の通り、述語副詞が用いられる文においては主格は存在しませんので、
仮に文中に動詞を挿入したい場合、この大原則は崩れてしまいます。
そう言った場合は、仮の状態として、その動詞の変化は三人称・中性単数の変化に準じます。
上記2個の例文に動詞 стать をさらに加えてみます。
 
◆ Мне стало там жарко. 私にとってあそこは暑くなった。
◆ Мне стало трудно ходить без помощи. 私は援助なしでの歩行が困難になった。
 
стать の過去形は中性単数の形に変化しています。
 
問題文の中で、③のパターンに当てはまるのは 3)、 4)、6) です。
3) ( стало ) известно, что коронавирус может передаваться через деньги.  コロナウイルスはお金を介して感染する可能性があることがわかった。
4) Мне ( стало ) весело. 私は愉快な気分になった。
6) У нас ( становится ) жарко.  私たちのところでは暑くなってきています。
 
6) については、完全に”暑くなった”わけではないので、不完了体動詞 становиться を用い、
三人称・中性単数の変化にすることが要求されます。
 
 
4) と5)の весёлый に関してですが、一般的に、形容詞が人(や動物)の性格・性質を表す場合、主語は主格になり、
その人が客体から受け取る感覚として表される形容詞の場合は、主語は与格になります。
 
例) Он веселый. 彼は愉快だ。 
例) Ему весело. 彼は愉快な気分だ。
例) Он сложный человек. 彼は気難しい人だ。
例) Ему сложно понять её. 彼にとって、彼女を理解することは難しい。
 
 
④ стать + 副詞・形容詞の比較級:ますます~になる。
 
副詞・形容詞を比較級にし、стать を文中に挿入することで、
「ますます~になった」という意味になります。
過去に比べると、ある性質が一層強みを帯びるようになるということです。
 
【副詞の比較級を用いた例】
Мы стали общаться чаще. 私たちは一層頻繁に連絡を取るようになった。
чаще は 副詞 часто の比較級です。
 
【形容詞の比較級を用いた例】
Она стала красивее.  彼女はますます美しくなった。
 
問題文の中で、④のパターンに当てはまるのは 7)です。
 
7) С каждым днём ситуация ( становится ) хуже. 日を追うごとに状況は悪化している。 
хуже は плохой の比較級です。
 
以上です。ありがとうございました。
 

※現在、ロシア語の受講生様を追加募集しております。

詳しくは 

worldaffairs.hateblo.jp

 をお読みくださいm(__)m

 

ロシア語「格変化が難しいので、会話ができない」ネイティブはなぜ、瞬時に変化できるのか。

こんにちは、中島です。

 

中級レベルの色々な受講生様からよく、「格変化が難しいです」「変化するのに時間がかかるので、発話できません」という相談を受けます。

 

例えば、会話で「私たちと一緒に」と言いたい場合、「~と一緒に」は с + 造格で、私たち мы の造格は нами、 よって、с нами という。

 

もう少し複雑な文になると、

「私はすでに新しい生活リズムに慣れました。」と言いたい場合は、「~に慣れる」というのはпривыкнуть к + 与格ですので、新しい生活リズム = новый ритм жизни を極めて短い時間内に与格変化させなければなりません。

 

思考回路としてはこうです。まず、

①ритмは男性名詞単数なので、новыйは男性単数形に変化

②новыйの男性単数の変化の仕方は、номову

③ритмの男性単数の変化の仕方はритму

 

この①から③までの各プロセスにおいて、全部時間がかかってしまいます。また、変化の形が命の который も、会話においては瞬時に変化させる必要があります。

 

こうした複雑なプロセスにネイティブスピーカーはどう対処しているのでしょうか?私が昔気が付いたことを3点にまとめて述べたいと思います。

f:id:Worldaffairs:20200523110412j:plain

1)ある程度のフレーズが”音”として脳に記憶されている。

 

最初に例として挙げた「私たちと一緒に」は、まさかネイティブはいちいち格変化を頭ではしていません。с нами を一つの音(スナーミ)として、概念とこの発音を瞬時にリンクさせているだけです。

 

どんな人間でもそうですが、日常生活(家庭、職場等)でその人が使う単語や使うクセのある表現はある程度決まっています。また、超頻出用語は格変化するほどまではなく、すべて音として記憶されています。

 

ロシア語のネイティブは幼い頃から、無数のこうしたコロケーション(互いに結びつきやすい単語)を毎日大量に耳にしたり、発話したりしているので、当たり前のことです。

 

с нашим ребёнком,  за нами,  перед нашими глазами,  к этим женщинам など、この程度の短い繋がりの言葉であれば、ネイティブの脳には理屈抜きに丸ごと記憶されています。だから、即座に口から出てくるのです。

 

あなたがロシア語を学び始めた頃、「スパコーイナイ・ノーチ!」の形容詞спокойный が女性単数の変化の仕方をする理由など考えましたでしょうか? それと同じことです。

 

2) 形容詞の語尾の変化を瞬時にできるよう訓練されている。

 

では、先ほどの「新しい生活リズム・・・」のような少々複雑な文については、どうでしょうか。ритм という単語はネイティブにとっては頻出単語です。

 

どんなにロシア語文法の規則を知らないネイティブ(意外と多いです!)であっても、この名詞が単数である場合、結び付く形容詞・形容動詞の語尾変化のパターンは原則的に -ого, -ому, -ый, -ым, -ом の5通りしかありません。

 

当例文のように、к の後に続く形容詞の語尾は -ому というのが「何となくしっくりくる感覚」なので、即座に変換が可能なのです。

 

これが仮に女性単数であれば、ほとんどの語尾が -ой、なので尚更簡単です。

 

 

3) そもそも который などの関係接続詞は口語ではあまり使われない。

 

ロシア語はその文体が口語に近づくにつれ、一つの文の長さが短くなっていきます。このため、который などの文を長くするための単語は回避される傾向にあります。

 

例えば、Я знаю одного парня, у которого девушка живет в далекой стране.というような複雑な文の組み立て方はふつう口語ではしません。

 

日本人も、「私は、その彼女が遠い国に住んでいる若者を知っています」という言い方を会話でするでしょうか? 

ロシア語の会話では、я одного парня знаю. Девушка живет в далекой стране.こんな感じです。

 

私たち外国人がロシア語の会話をできるだけスムーズに行うためのヒントが以上3点に隠されています。

 

3)については、私たちも会話においては、同じように который を避けて話すことで、無駄な格変化をしないで済みます。

 

また、1)、2)については、日ごろから私たちが

脳内で格変化する訓練を多くし、

◆実際に多く発音・音読し続ける

 

訓練が一番の再現性を確保する方法となるでしょう。

 

2個前くらいの記事でも書きましたが、紙面上や頭の中だけでロシア語を話したり、格変化したりするだけでは、口からロシア語が出るようにはなりません。

 

上記例のс нашим ребёнком でも  за нами でも  перед нашими глазами でも  к этим женщинамでも、より多く発音してください。(この際、もちろん、その変化の理由が自分で説明できることが前提となります。)そのうち、自分の脳内で自然と瞬時に格変化できる単語や能力が徐々に養われていきます

 

以上です、ありがとうございました。

 

※現在、ロシア語の受講生様を追加募集しております。

詳しくは 

worldaffairs.hateblo.jp

 をお読みくださいm(__)m